その「目標設定」は適切ですか?脳の傾向の違いを知れば、人間関係の事故は未然に防げます。

脳の傾向が違う2人

我が家の長男くんと長女ちゃんは、真逆の価値観で生きている人間です。
それは僕が主として教えているSTR(素質適応理論)を用いて明らかになっているのですが、今日は顕著な一例をご紹介しますね。

長男くんは、「目標達成型」の考え方をします。

目標を設定すると、頭の中でプランニングを行い、目標を達成しようとします。
これを意識してやっているわけではなく、自然とそうなってしまう、脳の傾向なんですね。
逆に言えば、目標がないと何をしていいかわからなくなる。

そんなタイプです。

目標があれば、それを達成するためにモチベーションに火をつけ、目標を見失えば何をしていいのか、路頭に迷うタイプです。

一方、長女ちゃんは積み上げ型の人間です。
ある意味、行き当たりばったり。
いやいや、行き当たりバッチリ!の人間です。

目標も要らなきゃ、プランも要らぬ。
目の前にあることをこなして行ったら、あらぬところにたどり着いていた。

そんなタイプです。

職場からチームや学級まで、「やる気」を引き出すマネージメント365ステップ

メールアドレス
名前

「目標」という言葉の意味の違いから生まれた誤解

以前、長女ちゃんが中学生になったときの話です。初めての定期テストを前に、長男くんが尋ねました。

「お前、初めてのテストの順位は何番に入りたいんだ?」

すると、長女ちゃんは答えました。

「1番になりたい!」

それを聞いて、長男くんはアドバイスを送り始めました。
「そんな勉強法じゃダメだ」とか、「1番は無理だ」とか、「もっと勉強しろ!」だとか、ごちゃごちゃ言い始めたのです。

彼の頭の中では「1番を取るためのプランニング」が始まったんですね。
すると、長女が怒るんです。

「私、1番になるとは言ってない!」

続けて、こう言うんです。

「1番になりたい!って言っただけじゃん!」と。

長男くんは混乱します。
イライラして見せます。

「だから、1番になりたいんだろ?だったら、こういう勉強をしろよ!」

彼の脳は「目標達成脳」なんですね。
一方、長女ちゃんには、そんな要素はないんです。
「1番になれたらいいな!」なんです。

彼女にとっての「目標」は、「なれたらいいな」という「夢」のようなものなんですね。

一方、長男くんの目標は「到達目標」なんです。
為すべきこと、やるべきことなんです。
だから、彼は「できないこと」は言いません。

「できる範囲」を目標に掲げます。
だから、目標は低く設定されます。

長女ちゃんは、できもしない目標を立てます。
目標は達成できなくてもいいんです。

あくまでも「目標」、それは「夢」のようなもの。
だから、目標を高く設定されます。

これ、上司と部下に置き換えてみてください。
いろんな事故が想像できますよね。

職場からチームや学級まで、「やる気」を引き出すマネージメント365ステップ

メールアドレス
名前

ドキッ!こうして人間関係はすれ違う!

長女ちゃんが上司で、長男くんが部下の場合、目標は高く設定されます。
そして、部下はできもしない目標を、(なんとか達成せねば!)と考え、疲弊していくわけです。

上司だって「できる」とは思っていない。
「できたらいいな」という目標です。
でも、部下はそれをタスクのように感じてしまうわけです。

反対ならどうでしょうか。

上司は低い目標、これならできるだろう…という目標を設定します。
でも、部下は「できなくても仕方がないよね?」って考えてしまう。
低く見積ったのに、それすらやらない部下に堪忍袋の緒が切れてしまうわけです。

脳の傾向が違うがために、こんな事故が職場やチーム、学校、家庭のそこかしこで起こっているとしたら、それは悲劇でしかありません。

人がたくさん集えば、そこにはいろんな価値観や感覚をもった人がいる。
そのことを忘れないでいたいものです。

この記事を書いた人

くればやし ひろあき

株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役
組織づくりの専門家としてTikTokフォロワー6万3000人
STRマスター&インストラクター