仕事の依頼をするときに注意したい、部下のやる気を失わせるオファーの仕方

対価なくお仕事を頼むときって、ありますよね。
「ちょっと手伝ってよ」みたいな感じで。

そんなとき、ちょっと怪訝な表情を見せるタイプがいます。
頼まれたからと言って、気軽に動くわけではない人たちですね。

で、こういう人たちって案外「お金で動く」タイプだったりします。
「このぐらいの金額を払うからやってくれない?」なんてお願いをすると、「それならやります」って答える人たちです。

それを見て、「金で動くんだ」「ケチな人だ」と思われがちです。

でも、間違えないでください。
実はこの人たち、お金で動いているわけではないんです。
ボランティア精神がないわけでもないんです。

簡単に言えば、搾取されたくないんです。

時間でもそう。
体力でもそう。
お金でもそう。

とにかく奪われるのが嫌なんですね、気持ち的に。
いいですか?気持ち的に、ですよ。

それと同時に「対価」を払うことが「自分に対する誠意」と受け取る人たちでもあります。

別にこれは「ご馳走する」でもいいし、「誰かいい人を紹介する」でもいいんです。
きちんと対価を払おうとする姿勢に誠意を感じるんですね。

「いいじゃん!友達なんだからタダで手伝ってよ」

そんな声かけはやっぱり「誠意がないな」って感じてしまうんですね。

一方、「仲間なんだからいいじゃん。手伝ってよ」って声をかけられるとうれしいタイプもいます。

そんな人に、「お金をあげるから、これをやってよ」なんて言うとどうでしょう。
ちょっと寂しい気持ちになったりするんですね。

もちろん「お金」を得られることはうれしいのですが、どこか「水臭いな」「他人行儀だな」「ドライだな」と感じてしまうのですね。

人それぞれ、ものの見方や感じ方は違います。
だから、それを知らずに「オファー」をすると、相手に嫌な気持ちを与えてしまうことがあるんですね。

ちなみに、僕はどんな仕事であれ、対価を必ず用意して、お願いをしています。
その方が僕の心地が良いからなのですが、そういう僕の気質もみんなが知ってくれていて、気持ちよく仕事ができています。

ですから、自分自身のやる気の源泉を知ってもらうこと、そして、相手のやる気の源泉を知ることが大事なんですね。

この記事を書いた人

くればやし ひろあき

株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役
組織づくりの専門家としてTikTokフォロワー6万3000人
STRマスター&インストラクター