コミュニケーションスタイルの違いが「言った・言わない」問題を引き起こす

「伝える」ということについて、考えてみたいと思います。

私たちが暮らしていく中で、「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」というすれ違いが、無数に起こっているのは周知の事実です。

なぜこれほどまでに、「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」という問題は起こるのでしょうか。

なぜ「言った、言わない」のすれ違いが起こるのか

この問題をコミュニケーションという視点で考えてみたいと思います。

まず、コミュニケーションを「話す」と「聞く」で成立しています。「話す」と「聞く」が相互に入れ替わることで、会話になっていきます。

一方がひたすら「話す」で、一方がひたすら「聞く」ですと、スピーチになります。

ですから、聞く側が「言った」と主張し、話す側が「言わない」と主張した場合、話す側は「言った」のでしょうが、「そんな意図ではなかった」だと思うのです。

一方、話す側が「伝えた」と主張し、聞く側が「聞いていない」と主張した場合、話す側は「伝えた」のでしょうが、「その意図は伝わらなかった」だと思うのです。

ですから、この「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」という問題の根っこにあるのは、「話す」側の伝え方に問題がある、もしくは「聞く」側の理解の仕方に問題があると言えます。

(もちろん伝えた相手を間違えていたり、聞いた相手を間違えていたりといった、「勘違い」は除きます)

 

コミュニケーション3タイプ

この問題はどちらか一方が悪いわけではありません。実は、「話す側」と「聞く側」のコミュニケーションの違いを理解していない、お互いの問題なのです。

私たちはこのコミュニケーションの違いを◯タイプ・□タイプ・△タイプと表現しています。

同じタイプであれば、コミュニケーションのスタイルが似ていますから、この「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」という問題は起こりにくくなります。

反対に、コミュニケーションのスタイルが異なれば、それだけ「伝えたこと」と「聞いたこと」にはズレが生じるわけです。

私たちの調べでは、◯タイプは全体の3分の1、4割が□タイプ、△タイプは4人に1人となっています。

ですから言ってみれば、「正確に伝わること」よりも「誤って伝わること」の方が可能性は高いのです。

子どものころ、学校などでよくやった『伝言ゲーム』を思い出してみてください。

あんな簡単な言葉のやり取りですら、僕らは言葉は間違って伝わっていきます。
「又聞きの又聞き」みたいなお話ですと、もう原型を留めていないことも多いですし、「一体どうしてそんな話になったの?」と思うぐらい、「ねじ曲がって伝わっている」こともあるわけです。

理解し合えてこそコミュニケーション

コミュニケーションの目的は、意思や意図を理解してもらうことにあります。早い話、伝えたいことが伝わることが重要です。

もう一度書きます。

伝えたいことを伝えたことが重要ではなく、伝えたいことが伝わったことが重要なのです。
相手が理解できたか、がポイントなんですね。

主導権はいつも「話す側」にあります。
その「話す側」が自分のコミュニケーションのスタイルで伝えるために、世の中ではそこかしこで「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」というすれ違いが起こるのです。

大切なことは「聞く側」のコミュニケーションのスタイルを理解し、「聞く側」が理解のできる伝え方をしてあげること。

でも、それってすごく難しいこと。

そんなとき、私たちにできることが2つあります。

通訳を用意する

1つは、こちらが伝えたいことをきちんと理解できている「同じタイプの人」に通訳をお願いすることです。

例えば、学校の授業であれば、先生が説明したことを小グループに分かれてもう一度説明させる、なんて活動はどうでしょうか。
ペアを替えて何度かやってみても良いでしょう。

説明をするたびに、理解も深まるでしょうし、いろんなタイプの人から話を聞くことでも理解は深まります。

職場で一人の部下に指示を出すにしても、Aさんに指示を出すときに、Bさんも1枚かませる、なんてのも有効かもしれません。

1対1で何かを伝えたとき、コミュニケーションのすれ違いは起こります。そこに他の人を1枚かませておくのは有効だと思います。

職場からチームや学級まで、「やる気」を引き出すマネージメント365ステップ

メールアドレス
名前

伝えたことを確認する

もう1つは、伝えたことを確認すること。
指導したあと、「今、先生が伝えたことを、もう一度先生に教えてくれる?」とよく子どもたちに話していました。

「伝えたこと」と「理解したこと」には差異があります。
これは「伝えた先生」の問題でもあります。

「今、先生が伝えたことを、もう一度先生に教えてくれる?」と尋ねたとき、もしそれが先生の「伝えたかったこと」と異なっていたとしても、叱ってはいけません。

それは「伝え方」の問題であり、相手の「理解力」の問題ではないのです。
伝わっていないのであれば、伝え直せば良いだけなのです。

「伝わらない」を前提にして伝えることによって、「今、先生が伝えたことを、もう一度先生に教えてくれる?」という確認作業が生まれます。

「伝わっているだろう」と勘違いすることによって、「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」というすれ違いが起こっているのです。

伝わらないを前提にコミュニケーションを考える

だから、コミュニケーションは難しいんです。
「話し方」をどれだけ学んでも、実はコミュニケーションはうまくなりません。

なぜならば、世の中の大半は自分とはコミュニケーションのスタイルが異なるからです。

「自分はコミュニケーションが下手だ」と思っている人は、案外自分の周りに自分とはコミュニケーションのスタイルが異なる人が多いだけかもしれません。

逆に「自分はコミュニケーション能力が高い」と思っている人は、実は自分とコミュニケーションのスタイルが似ている人が周りに多いだけかもしれません。

そして、そういう人ほど「言った、言わない」「伝えた、聞いていない」というすれ違いが起こったとき、相手の問題にしがちだということです。

本当の意味でのコミュニケーション能力とは、相手の表情から「どのくらい理解できているか」を探りながら、言葉を選んでちゃんと伝わるように伝える力なのです。

楽しくおしゃべりすることだけがコミュニケーション能力ではありません。

職場からチームや学級まで、「やる気」を引き出すマネージメント365ステップ

メールアドレス
名前

この記事を書いた人

くればやし ひろあき

株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役
組織づくりの専門家としてTikTokフォロワー6万3000人
STRマスター&インストラクター