リーダーがつくるのはスタッフの居場所〜人が辞めない職場づくりのヒント〜

人が仕事を辞めたくなったり、学校に行きたくなくなったりするのは、どんなときでしょうか。

もちろん、その組織にいるのが辛くなったり、その教室にいるのが辛くなったりして、「辞めたい!」「行きたくない!」って思うわけですが。
では、どうして人はそこにいるのが「辛くなる」のでしょうか。

僕はその答えのひとつは、「居場所がない」だと思うのです。

必要とされていなかったり、温かく迎えてくれる人がいなかったり。
理由はさまざまでしょうが、「私がそこにいる意味がない」「私は必要とされていない」と感じたとき、僕らは居場所を失い、辞めたくなるのではないか、と思うのです。

僕は昔、大切な友人を亡くしたことがあります。
若い頃からよく顔を合わせていましたし、ある学校では一緒に仕事をしたこともありました。
本当によく子どもたちと向き合い、授業も一生懸命な先生でした。

「いい先生だな」

と心から思っていました。

でも、新しい学校で心を病んでいることを耳にしました。
そしてある日、僕のもとに訃報が届きました。

最初はメールの文面が信じられなくて、理解できなくて、僕に連絡をくれた友人に怒りすら覚えました。

翌日、葬儀で泣き崩れながら、僕は思いました。

「あんな先生でも心を病んでしまうのか」と。

何があったのか、詳しくはわかりません。
でも、思うのです。

「組織にいられなくなる」
「仕事ができなくなる」
「仕事や学校に行きたくなくなる」

これらの現象は、僕にも%LAST_NAME%さんにも起こりうることなのです。

在りし日の彼の笑顔を思い出すたび、僕は志しを思い出します。

この社会に必要のない人はいない。
みんなかけがえのない存在であり、その命をいかに輝かせるか。
これが私たち一人ひとりのテーマです。

だからこそ、すべての人に居場所となるべき場所が必要なんです。

それは家庭かもしれない。
それは職場かもしれない。
それはチームかもしれない。
それは学校かもしれない。

どこだっていいんです。

自分はここにいていいんだ。
自分は生きてていいんだ。

そう思える組織を、もっともっと増やしたい。
そんな思いでいるのです。

ある社長さんが、こんな話をしてくれました。

「僕はね、経営者として一番考えてるのは、社員にとってこの会社が居場所になってるかってことなんだよね」って。

「利益や売り上げは大事だよ。でもね、社員に喜んで働いてもらうことが一番大事なんだよね」と。

居場所をつくり、そこで生き生きと働いてもらう。
これこそが経営なんだと、お話されていました。

この記事を書いた人

くればやし ひろあき

株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役
組織づくりの専門家としてTikTokフォロワー6万3000人
STRマスター&インストラクター